【導入インタビュー】GOAL-B様

インタビュー

GOAL-Bは2020年10月に愛知県名古屋市にオープンした会員制ジムです。

代表を務める中川様は、チャンネル登録者数12万人を超えるインフルエンサーですが、GOAL-B成功の秘訣はそこではないとのこと。

今回はそんなGOAL-B様へ、会費ペイ導入の背景や実際の使い心地、合わせて会員制ジムを成功させた秘訣についても伺ってきました!

高い顧客満足度でコロナ禍でも成長

– GOAL-B様はコロナ禍での新規オープンですよね。多くのジムが苦戦する中で既に多くの会員様を集められていますが、成功の秘訣はどんな部分だったのでしょうか?

しっかりファンを作れているというのが大きいです。GOAL-Bはマシンをメインとした施設型のフィットネスジムですが、一般的な「24時間営業で好きにマシンを使ってください」というものではなく、必ずスタッフが常駐する形式です。

きっかけとしては「代表のブログやYoutubeを見て」という方もいらっしゃるのですが、実際に入会した後にファンになってくれて、友人・知人を紹介してくれることで会員数が増えています。また、退会率が低いことも大きな要因です。

-スタッフこそがファンづくりのキモということでしょうか?

はい。スタッフは僕らの明確な強みです。実力や経歴はもちろん、会員様にとって目標にしたいと思ってもらえるような人間性も備えています。

ジムに入会してスタッフとかかわることで、必ずファンになってもらえると確信しているので、入会金も最低契約期間も設けていません。

– ファンづくりといえば、GOAL-B様はクラウドファンディングで開業資金を集めたという背景もありますよね。

そうですね。オープン前から自分たちの思いや「なんのためにどんなジムを作りたいのか」というのは発信し続けていました。

– ありがとうございます。

計画時点からペーパーレスを目指していた

– GOAL-B様ではオープン当初から会費ペイを導入いただいていますよね。具体的にどういったきっかけで会費ペイを検討することになったのでしょうか?

オープンを計画した時点で、絶対に手続きで紙を使いたくないと思っていました。紙を使うと時間もお金もかかりますし「あの紙どこにいったっけ」って探すのも手間じゃないですか。

スタッフにはできるだけ無駄な時間をつかってほしくないという気持ちもあって、いくつかそういったツールを探す中で会費ペイを見つけました。

– ありがとうございます。僕らが会費ペイとしても「サービス運営者が本当に注力すべき業務に集中できるようにする」という思いで運営しているので、そういったきっかけで探していただけたのはとてもうれしいです。

実際やってみて、やはり紙がないのはいいなと思っています。

– いくつかツールを検討されていたとのことですが、その中から会費ペイに決めるきっかけになったのはどんな部分でしょうか?

僕らにとってすごくちょうどよかったんですよね。まず会費ペイは同じような機能で初期費用や月額が0円なので、これからジムを立ち上げるっていうタイミングですごく都合が良いんですよね。

売上0からスタートするジムにとって、固定費がなく、会員様から集金した金額に応じた利用料しかかからないのはとてもプラスに感じました。

かといって機能面でほかのシステムに劣っているかというとそんなことはなくて、同じような機能で初期費用や月額を取るサービスもありました。もちろん、非常にリッチな機能がついていてお値段も高い…というシステムもありましたが、僕らにはそこまで必要なかったので…

freeeに連携ができたのも結構大きい。そのあたりを総合的に考えて最終的に会費ペイに決めました。

導入によって人手をかけない運営が実現

– 実際に会費ペイを導入してみていかがでしょうか?便利に感じる点や、逆に使いづらいと感じる点があれば教えていただきたいです。

便利に感じる点は、やっぱり入会手続きが簡単なことですね。申込書もいらないし、口座の登録に振替依頼書もいらない。初期費用の決済も含めて全部会員様のスマートフォンで完結するのでスタッフ側は非常に楽です。

キャンペーンの設定や入会フォームの作成が簡単に行えるのも便利ですし、退会手続きや請求の停止・変更も管理画面からすぐに設定できて助かっています。

– ありがとうございます、不便な点はありませんでしょうか?

そうですね。今は契約の終了日を設定することができないので、ここができたら便利だなと思います。そうすれば事前に退会日を設定したりできるので。

– ありがとうございます!今後のアップデートの参考にさせていただきます。 最後の質問になるのですが、周りにジムをオープンしたいという方がいた場合、会費ペイをお勧めしていただけますか…?

勧めたいと思います。以前勤めていたジムで使っていたシステムより圧倒的に使いやすいですし、コストも安い。

年内にGOAL-B東京店をオープンする予定ですが、そこでも導入したいと思っています。

– ありがとうございます!今後ともよろしくお願いいたします!この度はインタビューへのご協力ありがとうございました!