口座振替が可能なサービスを徹底比較!コストや機能の詳細も!

口座振替  画像 決済

スクールやフィットネスジムといった月額制のビジネスを運営する場合、月謝の集金手段として口座振替は必ず用意しておきたいところです。

しかし、いざ口座振替を導入しようとなると様々な業者やサービスが並んでいて何を使えばいいかわからないですよね。手数料で比べてしまうのも一つの手ですが、サービスを導入するのであれば比較のポイントは他にもあります。

本記事では、口座振替の比較ポイントやおすすめの口座振替サービスを紹介していきます。こちらを参考に、ぜひ皆様にぴったりの口座振替サービスを導入してみてください。

そもそも口座振替とは

月謝の回収方法として最もメジャーな方法である口座振替。ほとんどの方が引き落とされる側として手続きを行ったことがあるのではないでしょうか。

しかし、具体的にはどのような決済方法なのか、実際にどのような流れでお金が動いているかについて知っている人は多くないかと思います。本項では、そんな「口座引き落としとは何か?」という部分について簡単に説明していきます。

指定した金額をお客様の銀行口座から直接引き落とす方法

口座振替とは、消費者の保有する金融機関の口座から、商品やサービスに対する料金が自動的に引き落とされ、事業主に支払われる仕組みのことを言います。

自動振替や口座引き落としとも呼ばれ、月謝や家賃といった毎月の集金によく用いられる方法です。

引き落とされたお金は複数の業者を経由して事業主の手元に届く

引き落とされている側の感覚だと、口座から落とされたお金はそのまま事業主の口座に入金されているようなイメージを持ちますが、実際には下記の図のように複数の業者を経由して事業主の口座に入金されることがほとんどです。

口座振替の概要図

口座振替を導入する方法は2つ

口座振替サービスを比較するにあたって最初に知っておきたいのは、導入方法によって提供されるサービス内容が大きく異なるという点です。

以下でそれぞれの導入方法について説明していきます。

代行会社と契約する

最も一般的な方法は集金代行会社・決済代行会社を利用するというもので、前述した図もこのケースを想定しています。

代行会社はさまざまな金融機関と提携しているので、事業者は代行会社1社と契約すれば代行会社が提携しているすべての銀行で口座振替が可能です。

全ての手続きを一本化することが可能になるため、事業者にとって非常に便利なサービスであると言えます。

また、集金代行会社ではなく決済代行会社と契約を行えば、口座振替だけではなくクレジットカード決済なども同時に導入出来るといったメリットもあります。

記事の後半ではおすすめの代行業者も紹介するので、ぜひ参考してください。

口座振替機能を含むサービスを利用する

代行業者との契約で決済手段のみを導入するのはメジャーな方法ですが、世の中には決済機能を備えたパッケージ型のサービスも存在します。

お金の流れとしては、前述の図における事業者と代行業者の間にサービスの提供会社が入ってきます。

決済手段のみを導入する場合に加えて、請求データの作成や送信を自動で行ってくれたり、顧客の管理まで自動で行ってくれるものなど、サービスの種類は様々です。

決済手段のみを導入する場合比べた場合、手数料や月額費用などコスト面の負担は大きくなりますが、事業者側が運営するサービスの内容や規模によっては事務作業の手間を大幅に減らしてくれるものもあります。

記事の後半ではおすすめのサービスについてご紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

口座振替サービスを比較する3つのポイント

口座振替の仕組みや導入方法による違いの説明が終わったところで、いよいよ口座振替サービスを比較するためのポイントを説明していきます。

導入したい決済手段は口座振替だけかどうか

口座振替だけを導入するのであれば、基本的には集金代行会社に相談するのが一番です。初期費用や手数料も比較的安価に抑えることができますし、小規模な事業者でも契約しやすいです。

ただし、口座振替は基本的に即時の決済はできないので、店頭での物販やサービスの初期費用など、その場で料金を受け取りたい場合は現金でやり取りするしかありません。

もしクレジットカードやコンビニ決済といった口座振替以外の決済手段も導入したいのであれば、様々な決済手段を扱うことのできる決済代行会社に相談するのが良いでしょう。

あるいは複数の決済手段を備えたサービスを利用すれば、サービスの運営に役立つ決済手段を一括で導入することができます。

どれほどの会員数(生徒数)を想定しているのか

集金する相手がそこまで多くないのであればあまり気にする必要は無いですが、100人以上の会員数を想定する場合、会員管理や請求管理といった集金以外の部分にも手間がかかってきます。

この時決済手段毎にシステムが違ったり、各管理システムと決済用のシステムが独立している場合、それぞれのシステムでのデータの受け渡しや管理が非常に煩雑になります。

100人程度を目安に、ある程度規模を大きくしていきたいのであれば、会員管理・請求管理などの機能も備えたサービスを利用することをお勧めします。

会員(生徒)の年齢層はどのくらいか

メインとなる会員の年齢層が比較的若い場合、運営者と会員双方にとって便利なWEB口座登録との相性も良いでしょう。

WEB口座振替であれば、振替依頼書や銀行印の捺印不要で、通常1~2か月かかる口座登録を即時で完了させることができます。WEB口座振替については以下のページでも詳しく解説しているのでぜひ参考にしてみてください。

ただし、スマートフォンやパソコン上での操作が必要になるので、高齢者層が中心の場合はあまり向いていない方法と言えます。

おすすめの口座振替サービス9選

口座振替だけを導入するなら

口座振替単体での導入を検討しているのであれば、以下に挙げるような集金代行会社と契約するのがよいでしょう。

リコーリース株式会社

株式会社アプラス

SMBCファイナンスサービス

クレジットカード決済も導入するなら

クレジットカード決済も同時に導入したいのであれば、以下に挙げるような決済代行会社と契約するのが良いでしょう。

株式会社メタップスペイメント

GMOペイメントゲートウェイ

SBペイメントサービス

請求管理・会員管理もまとめて行うなら

100人以上の会員数を想定しているのであれば、決済以外にも請求管理や会員管理システムも必要になってきます。

それぞれ別のシステムを契約して接続していく方法もありますが、それらの機能を最初から備えたサービスも存在します。

今回はその中でも口座振替の機能に強みを持つサービスをいくつかピックアップさせていただきます。

会費ペイ

会費ペイは、会費制サービスの運営に必要な [入会申込・会員管理・請求・集金・入金管理] を全て一元管理できるのが特徴です。汎用性が高く、フィットネスやスクールを中心に様々な業種で利用されています。

WEB口座振替はもちろん、5ブランド全てのクレジットカードも利用可能で、決済が失敗した際も自動で催促を行ってくれます。

スマートロック「akerun」や会計システムの「freee」との連携も可能で、入退館管理や鍵の付与、入金後の経理業務まで自動化することもできます。

・料金

初期費用 0円
月額費用 0円
その他費用 システム利用料①/決済金額の3.5%
システム利用料②/1決済当たり100円

月額パンダ

初期費用無料で月額料金や会費の自動徴収ができる月額パンダ

月額パンダはクレジットカードや口座振替を利用した自動集金システムです。

WEB口座振替に加えて、JCB以外のクレジットカードが利用でき、入会申込フォームも備えているのが特徴です。

料金

初期費用 0円
月額費用 4,980円
その他費用 クレジットカード決済手数料/4.25%
口座振替手数料/100円+0.5%

シクミネット

shikuminet(シクミネット)について

シクミネットは、同窓会や学会といった年会費制のサービスに特化した会員管理システムです。

入会手続きや会費決済のほかに、月ごとの定例会のようなイベントの管理や会員専用の掲示板といったコミュニティ運営をサポートする機能が充実していることが特徴です。

・料金

初期費用 200,000円~
月額費用 30000円~
その他費用 決済手数料
オプション設定によって追加料金あり

まとめ

いかがでしたでしょうか?

本記事では、口座振替の比較ポイントやおすすめの口座振替サービスを紹介しました。本記事を参考に、ぜひ皆様にぴったりの口座振替サービスを導入してみてください。