【導入インタビュー】放課後児童クラブ コレマナ様

学校・学童・保育園・幼稚園・PTA

放課後児童クラブ コレマナ(特定非営利活動法人 これからの学びネットワーク)は、広島県広島市佐伯区に2拠点を構える民間運営の放課後児童クラブです。

「参加体験型」の学びを主体に、こどもたちに体験を通じた試行錯誤による質の高い学びを広げていくことを目的として活動しています。

月謝を現金で集金をしており、施設内での現金管理に課題を感じて会費ペイを導入いただきました。

こどもたちの個性を大切にし、自ら学ぶ活動

– 事業の内容を教えてください

放課後児童クラブを2拠点運営しています。その他、参加体験イベントや研修など、児童クラブ以外にも体験・学びをサポートする事業を行っております。

– いろいろな教育事業を行っているのですね!
事業を行う上で、大切にしていることは何ですか?

こどもたちの個性を大切にすることです。この施設にはいろんなこどもたちが来ます。こういったこどもたちの個性を大切にし、自ら学んでもらい、行動できるようにサポートすることを心がけております。

– 素晴らしいですね!
このような活動している中で、どんな嬉しいことがありますか?

やはり、こどもの成長した姿を見ることですね。学童なので、小学校の低学年(1年生〜3年生)しか在籍できないですし、短期間の在籍だけのこどももいます。ただ小学校の近くに拠点があるので、学童にいた子を見かけるといつも、大きくなった姿にとてもうれしくなりますね!

会費ペイ導入で施設内の現金管理が不要に

– 会費ペイ導入前は、どのように集金作業を行っていたのですか?

期限までに保護者から現金を持ってきてもらうというやり方でしたね。それを施設で集めて金額確認するといった流れでした。それだと金額に数え間違いが発生した時の対応に困ったり、回収した現金を一時的に施設に置いておく必要があったりと現場での工数が多くかかっていました。また、保護者が集金の期日を忘れてしまうということも毎月ありましたので、催促するのは精神的に負担でした。

– 現金を管理することでいろんな工数がかかっていたんですね。
そこから会費ペイをどのように知ったのですか?

ネットを見ていて知りました。今の課題を解決するためには、施設内の現金管理をやめることが必要だと思っていたので、会費ペイであれば可能なのではないかと期待して導入を決意しました。

– 実際に導入してみてどうでしたか?

とても使いやすく、施設での現金管理もなくなりました。保護者がQRコードからあらかじめ決済方法を登録してくれて、後は設定した金額をもとに決済されるので、管理側は楽です。保護者が期日を忘れて支払が遅れるということもなくなりました!

– 現金回収から新しく会費ペイを導入して、保護者への案内など移行はうまくいきましたか?

意外にもうまくいきましたね。やはり一定の保護者の方は現金集金を嫌がっていたようで、大多数の方はすんなり受け入れていただけました。もちろん苦手意識のある方はいたのですが、QRコードから簡単に決済方法の登録ができるので、特に抵抗なく現金からの移行ができました!

今後の展望について

– ありがとうございます。
会費ペイへ期待していることを教えてください。

システムについては現状でとても助かっているので、特にないですね!

強いて言うなら、会費ペイを導入した時からずっと料金が一律で素晴らしいなと思っていて、この料金形態が変わらないことを願っています(笑)

– ありがとうございます(笑)
最後に、今後の展望について教えていただけますか?

「参加体験型」の学びの場を広げていくために活動していきます。これは、こども・大人に関わらず、社会全体で求められていることで、私たちは自分で判断し、自分で行動できる団体を目指していきたいと思います!

– ありがとうございました!
引き続き、会費ペイをよろしくお願いします。